小林麻耶、市川海老蔵を批判「子供は巻き込まないであげて」心配の声が殺到

スポンサーリンク
画像は吟 AkiraのYouTubeチャンネルより

フリーアナウンサーでタレントの小林麻耶が、3月21日公開の元夫・國光吟氏のYouTubeチャンネルに登場。「小林麻耶暴露」と題した動画で、亡くなった妹・小林麻央さんの夫である市川海老蔵の振る舞いを批判した。

動画の冒頭で、去年の4月に離婚していたことを明かした小林麻耶。國光氏と海老蔵のアドバイスにより、離婚を公表していなかったという。ところが、海老蔵に「おかえり」というブログを書かれてしまい、週刊誌の記者に追われる日々が続いたことを明かした。海老蔵のエントリーを「まるで離婚を示唆するようなブログ」だと批判。当時、週刊誌で取り沙汰されていた「女性遊び」をカムフラージュするために、家族のプライベートを勝手にブログに掲載したと主張した。

また、2018年7月に國光氏と結婚したが、発表のタイミングが海老蔵の歌舞伎公演中だったため、海老蔵から國光氏に「おまえは何も分かってないな。なんなんだよ」と怒りのLINEが来たという。記者が歌舞伎の公演会場に来て、対応しなければならなくなったことについても「迷惑かけた。何を考えてるんだ」と不満をぶつけられ、それ以来、甥と姪と会えなくなったことを明かした。

11月になって、ようやく謝罪する機会が設けられ、國光氏と2人で海老蔵の自宅を訪れたという。結婚発表のタイミングについて「申し訳ありませんでした」と頭を下げたことを明かした。

小林麻耶は2018年7月に整体師の國光吟氏と「交際ゼロ日」電撃結婚し、8月に芸能界引退を発表。2019年5月、芸能活動再開を発表した。2020年11月、レギュラー出演していた『グッとラック!』(TBS系)を突然降板。YouTubeチャンネルの生配信で「昨日午前中に突然、番組の降板を言い渡されて、今日番組に出演できないことになりました」と、降板を電撃発表した。夫が仕事内容に口出しするようになり、テレビ局側とトラブルになったと報じられた。生島企画室との契約も打ち切られ、事実上クビだと見られている。3月10日には、國光吟氏のブログをリブログし、離婚したことを発表。國光氏のブログでは「離婚はしましたが紙切れ上の話です」としている。

スポンサーリンク

小林麻耶、市川海老蔵を批判も…「子供は巻き込まないであげて」心配の声が殺到

ネット上では
「これがほんとの暴露ですね…」
「暴力事件で迷惑かけたのにって凄い正論w」
「YouTubeにあげて言うんじゃなくて、ちゃんと相手に言いなよ」
「麻耶ちゃん やめてください。もうこれ以上こんな麻耶ちゃん見たくないです。いつでも、いつまでも応援してるから、昔の麻耶ちゃんに戻って」
「麻耶さん、、、前の麻耶さんに戻って欲しい。こんなことしたら余計に姪御さん甥御さんに会えなくなってしまうのではないですか?」
「大人の事情に子供は巻き込まないであげてください」
「こんなことを暴露して、傷つき混乱するのは子供。本当に愛していて姪甥のことを大事に思うのなら、もっと違った解決方法を探した方がいいと思う」
「何故わざわざYouTubeで発信するのですか?海老蔵さんに言いたい事あるなら他にやり方あると思います。どちらの味方でもありませんが、この発信が誰も幸せにならない事なのは間違いないです」
「直接、家族間で話し合ったほうがいいのではないでしょうか?少し、芸能活動から離れたほうがいいと思います」
「海老蔵さんが変わることを期待しないほうがいいと思います。残念ながら…人はそんなに簡単には変われません」
「ここ数年、麻耶さんのお話を聞いていると、いつも物事を悪く取ってしまう方だなと悲しく思います」
「少しずつ休みながら以前のまやさんの笑顔を取り戻せることを願っています」
「子供たちが可哀想すぎるわ」
と、暴露を批判する声や、心配の声が殺到している。

タイトルとURLをコピーしました