漫画家の征海美亜さんがくも膜下出血で急逝…代表作『東京ミュウミュウ』今夏よりアニメ放送開始予定、新装版全10巻の刊行を2月に発表したばかり

スポンサーリンク
画像は講談社なかよし公式サイトより

漫画『東京ミュウミュウ』や『スーパードール★リカちゃん』(原作/タカラ)などで活躍した漫画家の征海美亜さんが、3月7日にくも膜下出血で急逝したことが、講談社の少女漫画雑誌「なかよし」公式サイトで発表された。

公式サイトでは、なかよし編集部からのコメントとして、

「漫画家 征海美亜先生が2022年3月7日にくも膜下出血で急逝されました。
 先生のご冥福を心よりお祈りし、謹んでお知らせ申し上げます。

 征海先生は講談社でデビューされ、「なかよし」にて『東京ミュウミュウ』や『スーパードール★リカちゃん』(原作/タカラ)等をご執筆下さいました。突然で早すぎるご逝去に、編集部一同、深い悲しみを禁じえません。

 先生の代表作『東京ミュウミュウ』は、今夏より『東京ミュウミュウ にゅ~♡』と題したアニメの放映が開始されることになっていました。また、アニメ化を記念した『東京ミュウミュウ 新装版』全10巻の刊行を2月に発表したばかりでした。
 先生は新装版のカバーイラストをすでに全巻分描き上げられていらっしゃいます。またそれぞれの巻に収録予定だった描き下ろし漫画もすべてではありませんがいただいております。
 征海先生は2年前から日々愛を込めてアニメを監修され、新装版とともに皆様にお届けできることをとても楽しみにされていました。遺された私たちは、いただいた作品を大切に扱い、悲しみをこらえながら丁寧に制作を続けて、先生のご遺志を継がなければと考えております。

 なお、告別式等は近親者の方々で執り行われたこともご報告申し上げます。

 征海先生の作品は世界中で読まれてきました。これまで長きにわたって愛していただいてきた数多くの読者の皆様に深く感謝申し上げます。」

と報告。

征海さんは1998年に漫画家としてデビュー。『東京ミュウミュウ』『スーパードール★リカちゃん』のほか、『wish たったひとつの願いごと』『恋きゅー』などの作品で知られる。

スポンサーリンク

「ショックすぎます」「突然のことで言葉もない」驚きと悲しみの声が相次ぐ

今回の訃報に、ネット上には

「ショックすぎます……突然すぎて言葉も出ません」

「リカ世代です。突然のことで言葉もない。ミュウミュウになってからは絵がますます素敵になり、いちごと一緒にドキドキしながら読んでました。ご冥福をお祈りします」

「東京ミュウミュウ、娘が大好きなのでビックリしています、本当に残念ですが安らかにお眠りください」

「アニメ放映当時高校生だったけど、東京ミュウミュウ大好きでした。早すぎるよ、、、寂しいよぉ」

「新アニメ夏放送観ること出来ずにこの世を去るのは故人とっては無念だろうな。お悔やみを申し上げます」

「漫画家さんの若くしての急死が多すぎます」

「漫画家さん、難しいのかもしれないけど会社員みたく作家向けにも出版社側が健康診断とか提供してあげられたらいいのにな…」

「漫画家には定期的に休んでいただかないと、早死が多すぎる。読者の側からも声を上げたほうがいいと思う」

などのコメントが寄せられている。

タイトルとURLをコピーしました