『紅白歌合戦』出場、まふまふが謝罪「同棲などの事実はございません」

スポンサーリンク
画像は「A-Sketch Official Site」より

昨年大みそかの『NHK紅白歌合戦』に出場した歌手のまふまふが2月11日、ツイッターを更新。騒動について謝罪した。

発端は10日、ホロライブ所属の女性VTuber潤羽るしあと、同じくホロライブ所属の女性VTuberさくらみこが行うゲーム実況配信内での出来事だった。まふまふとみられる人物から潤羽るしあに「たったいま生放送終わって、帰る準備してるよ」などというメッセージが通知されたとして話題になった。

まふまふは「お騒がせしている件に関しまして この度は軽率な行動により、多くの誤解を招いてしまい本当にごめんなさい」と謝罪。続けて「お相手の方とはゲームを通じて仲良くなり、昨夜もゲームをしようと連絡したところ、多くの方に不快な思いをさせてしまいました。同棲などの事実はございません。本当に申し訳ありません」と、熱愛疑惑についてコメントした。

スポンサーリンク

まふまふ謝罪、「芸能人の恋愛は自由でいい」の声も

ネット上では
「つきあってる異性ぐらいいてもおかしくないでしょ」
「ガチ恋してる両ファンがツイッターでブチギレててわろける」
「なんなら界隈で1番炎上する人同士がくっ付いてて笑っちゃった笑」
「個人的には芸能人の恋愛は自由でいいと思う。結婚した某ジャニーズの匂わせだって別に何とも思わなかったし」
「実況中にメッセージって…こんなバレ方するものなの?主にネットで活動してる人達なのに?」
「同棲はしてないと言っているけど付き合ってないとは言っていない。まぁ、そういうことなんだろう」
「この二人、以前にも匂わせというか、持ち物がいくつもお揃いで疑惑があったんだよね」
「マジでるしあは引退してほしい 他のメンツの足をこれ以上引っ張る前に」
「まふまふさんの配信はよく聴くけど、『恋人がいない』『恋愛ができない』アピールがすごいので、今後は(恋人ができる可能性も考えて)そのアピールはしなくていいと思う」
と、さまざまな反応が寄せられている。

タイトルとURLをコピーしました