榊原郁恵『スッキリ』卒業、「4年間お疲れ様でした」「コメンテーターは厳しい」の声

スポンサーリンク
画像は榊原郁恵(@sakakibara.ikue)Instagramアカウントより

タレントの榊原郁恵が3月21日、約4年間コメンテーターを務めてきた『スッキリ』(日本テレビ系)を降板。自身の立場について「専門的なこともないですし、得意とすることもないので、とにかくテレビを見てらっしゃる人の代弁者として意見を言えたらと思っていたんですが、なかなか難しくて」と振り返った。

榊原郁恵はインスタグラムを更新し、春らしいブラウス姿のオフショットを公開している。

スポンサーリンク

4年間お疲れ様でした!榊原郁恵が『スッキリ』卒業

ネット上では
「郁恵ちゃんは卒業かぁ。残念だなぁ」
「主婦目線で質問してくれる点など好きでした」
「長く芸能界にいらっしゃるのに、良い意味で普通っぽくて、視聴者目線でのコメントが良かった」
「コメンテーターの人達って失言だけでなく当たり前の意見でもネットで叩かれる事だってありますよね。重圧は本当に凄いと思いますが4年間お疲れ様でした」
「郁恵さんは明るくて好きですがたまに正直すぎるというか場の空気が読めてない発言がありましたね」
「いろいろな世の中や世界のことについて全く勉強しないでスタジオに入っていた気がします。期待はしていなかったのですが本当に残念なコメンテーターでした」
「素人目線のコメントを求められていたと思うけど、あまりにもトンチンカンなコメントが多かった印象」
「加藤浩次のフリに対して 加藤が求める内容からは的外れなコメントが多かった気がする メインMCとの相性が悪ければ 早期の卒業は免れない」
「時間がない生放送で個人的感情論で長々と語られると朝からイライラしてしまうし たまに勉強不足でお門違いな事を言う事も多々あったんでコメンテーターは厳しいと思っていた」
「ワーワーうるさかった。自己中だったし ハリセンボンの方がマシだった」
「郁恵さんのキャラを生かし切れなかった番組も良くない」
「これを機にまくしたてるMCとMCと世間に忖度するコメンテーターで構築する情報番組が駆逐されて欲しい」
と、さまざまなコメントが寄せられている。

タイトルとURLをコピーしました