木下ほうか、芸能活動無期限休止を発表「引退するべき」「演技好きだった」コメント続々

スポンサーリンク
画像は木下ほうかKINOSHITA Houka(@KINOSHITA_Houka)Twitterより

『文春オンライン』で複数女優への「性加害」を告発されていた俳優の木下ほうか(58)の所属事務所「カクタス」が3月28日、マネジメント契約解消を発表。NHKドラマ『正直不動産』に主演の山下智久(36)の上司役で出演予定だったが、降板を申し入れたという。

木下ほうかはこの日、ツイッターを更新。週刊誌の報道について「概ね間違っておりません」と認め、「女性から明確に拒否されているにも関わらず関係を持ったことや、薬物を用いて関係を持った記憶はございません」と一部否定。「このようなことをした私が、今後、皆様の目に触れる芸能活動を続けることはできませんので、芸能活動については全て無期限に休止させていただきます」と、芸能活動の無期限休止を発表した。

スポンサーリンク

木下ほうかが無期限休止、コメント続々

ネット上では
「演技好きだったけどなー」
「あかんな、やっぱり…」
「上映中の作品、どうなるんですかね!?」
「ほんま勿体ない」
「休止はないだろ…被害者居るのに」
「一応復帰するつもりでいるんだ(笑)こっわ」
「無期限休止ではなく引退するべき」
「無期限休止?引退じゃなくて?自分の立場利用して女性傷付けたのに?」
「無期限休止ではなく、事実上の芸能界引退でしょう」
「2度と戻って来ないでください スカッとのあの涙も演技なのバレバレでした!!前からキライだったけどもっとキライになりました」
といったコメントが寄せられている。


B09VBTMPX1

正直不動産(14) (ビッグコミックス)
大谷アキラ(著), 夏原武(著), 水野光博(著)(2022-03-30T00:00:00.000Z)
レビューはありません
Amazon.co.jpで詳細を見る


B09W8Y3WNF

週刊文春 2022年3月31日号[雑誌]
週刊文春編集部(編集)(2022-03-24T00:00:00.000Z)
5つ星のうち4.4
Amazon.co.jpで詳細を見る

タイトルとURLをコピーしました