ゆりやん、ドラマ主演内定で「50キロ増量」指令か…「体を壊しそう」心配の声

スポンサーリンク
画像はゆりやんレトリィバァのインスタグラムアカウント「@yuriyan.retriever」より

お笑い芸人のゆりやんレトリィバァが、女子プロレスラー・ダンプ松本の半生を描くNetflixドラマ『極悪女王』の主演を務めると報じられた。

ゆりやんといえば2021年4月、110キロあった体重を45キロ減量に成功したと報告していた。巨体だったダンプを演じるにあたり、50キロほど増量する必要があると伝えられている。

スポンサーリンク

「体調崩す」「時代に合ってないと思う」増量指令に心配の声

ネット上では
「45キロ痩せて50キロ急にまた太るんじゃ身体壊す。制作側は何考えてるの??」
「10キロくらいならまだしも50キロって本気ですかね?人の健康をなんだと思ってるんだろう」
「まじでやめてあげて。せっかく痩せたのに……。急激に太るのは体にも悪いですよ。病気のリスクも高くなるし」
「50キロ増って人権も健康も倫理観も無視してる」
「ひどすぎて涙出そうになった 絶対こんなの受けたらダメだよ。大切な健康を失ったらとりかえしつかない」
「役者さんが役柄に合わせて急激に体重を増やしたり減らしたりするのをプロ根性、プロ意識と過剰に褒めるのは時代に合ってないと思う」
「え…これは本当にやめたほうが良いのでは…なんでドラマのためにそんな体調崩すこと間違いなしなお願いできるんだろ…神経が信じられない」
「わざわざ頑張って痩せたゆりやんを起用して太らせるのはなぜ?絶対体壊すし役者魂とか言うけど彼女の芸風は棒読みだから演技が向いてるとも思えない」
「増量とか関係なく、ミスキャストだと思う。関西訛りのダンプ松本とか想像つかん」
「今のゆりやんなら他にも仕事あるでしょ。せっかく痩せて新しい新境地の仕事増えたのに」
「見た目も必要なら、今、この体重の人にオファーすれば良いのに… ゆりやんだけじゃなくて、こういうドラマや映画ってどうなの?」
と、ゆりやんの健康を心配する声が殺到。制作側に対する批判や疑問の声も上がっている。

タイトルとURLをコピーしました