浦和レッズGK福島春樹が引退を発表、サラリーマンに転身

スポンサーリンク
画像は浦和レッズ公式サイトより

サッカーJ1浦和レッズは2月8日、2021シーズンで契約満了となったGK福島春樹が現役を引退すると発表した。

引退後は、浦和レッズのプレミアムパートナー・文化シヤッター株式会社へ2022年3月1日付で入社するとのこと。

福島は同サイトを通じて

「昨年度を持って引退する決断をしました。
7年という短い間でしたが、浦和の選手としてプレーできたことに誇りを持っています。どんなときも応援してくださったファン・サポーターのみなさまには感謝しかありません。本当にありがとうございました。
これからは文化シヤッター株式会社にて、第二の人生を歩んで行きたいと思います。
サラリーマン福島春樹として頑張ります!」

とのコメントを発表した。

福島は愛知県出身、1993年4月8日生まれの28歳。専修大学在学中の2015年に浦和レッズの特別指定選手となった。

スポンサーリンク

「引退ってマジかよ」「忘れない」惜別と驚きの声

今回の引退発表に、ネット上には

「2019ACL決勝アウェー、アルヒラル戦で活躍した漢福島春樹を浦和ファミリーは忘れない!!ありがとう!!」

「福島春樹が引退ってマジかよ」

「潔く次に“進む”ことはキャリアにとってすごく貴重だし、同じくらいクラブと文化シャッターさんにとっても価値のあることだと思う!」

「福島春樹がこんなに早く現役を辞めるとは思わなかった。gkは厳しいなぁ」

「えええ、ウソー 絶対やれるのに。。。」

「なかなか新規契約の話が出なかったので気になってましたが、まさか引退とは… 本人の判断なので僕達はセカンドキャリアでの成功を祈って応援するのみ。 将来来賓として永田と二人で埼玉スタジアムに来られるのをお待ちしてます!」

などのコメントが寄せられている。

タイトルとURLをコピーしました