「急なご報告になってしまい申し訳ございません」湘南パイプキャッツ、解散を発表

スポンサーリンク
画像は吉本興業公式サイトより

吉本興業所属のお笑いコンビ「湘南パイプキャッツ」が2月19日、解散を発表した。

望月崇徳は19日、自身のツイッターを更新し、「【ご報告】 湘南パイプキャッツを解散する事になりました。 8年間ありがとうございました!」とつづり、解散についてのコメントを添付。

望月は、「急なご報告になってしまい申し訳ございません」と突然の解散報告になってしまったことを詫びつつ、「僕らを知ってくれて、少しでも応援してくださった方々、『湘南パイプキャッツ』に関わってくださった方々、全ての方に感謝しております」「ここまでやってこれたのは相方の須田のおかげです」と、ファンや関係者、相方の須田大樹への感謝の気持ちなどを記している。

コンビは解散となったが、それぞれ今後も芸人を続ける予定とのこと。

湘南パイプキャッツは神奈川県出身の望月崇徳、須田大樹によって2014年4月1日に結成。共にNSC東京校19期生。望月は人気お笑いコンビのEXIT・兼近大樹らとルームシェアしており、大人気お笑いコンビ・EXITのYouTubeチャンネル『EXIT Charannel』の編集を担当している。

タイトルとURLをコピーしました