「急な発表となり驚かせてしまい、申し訳ございません」春輝つくし、5月4日、横浜武道館で引退することを発表

スポンサーリンク
画像は春輝つくしのツイッターアカウント「@Tsukushi_HRKZ」より

3月4日、女子プロレス「アイスリボン」のICEx∞王者・春輝つくしが、5月4日の横浜武道館で引退することを発表した。

春輝はアイスリボンの公式サイトに

「わたくし、春輝つくしは、
5月4日横浜武道館大会をもちまして、引退させて頂く事になりました。

小学6年生、12歳でプロレスデビューをして
今日に至るまで12年間。人生の半分がプロレスラーでした。

引退理由としまして、
高校時代に、選択授業で『教育』を受講し、児童教育の仕事に興味が湧きました。
ですが、その頃自分には大好きなプロレスを続けると言う考えしか無かったです。

今まで生きてきた人生の半分をプロレスラーとして過ごしました。
今年25歳を迎えます。
プロレス以外にも、色んな事にチャレンジしたい。
自分の可能性を試してみたい。

そう言う想いが1年以上前から芽生えるようになりました。
大好きなプロレスを続けたい。という気持ちもあります。
ですが、プロレスの外の世界も見てみたい。
そう言う気持ちが強くなったのが理由です。」

とコメントを寄せた。

春輝は自身のツイッターでも

「【ご報告】 春輝つくしは5月4日横浜武道館大会にて、引退させて頂く事になりました。 人生の限りある時間の中で、新たにチャレンジしたい事が出来たのが引退の理由です。 急な発表となり驚かせてしまい、申し訳ございません。 最後までプロレスでHappyを届けます。 宜しくお願い致します。」

と投稿し、引退を報告している。

タイトルとURLをコピーしました