映画『女子高生に殺されたい』大島優子の出演を発表「4月が待ちきれない」「公開楽しみ!」

スポンサーリンク
画像はYouTube「【公式】日活MOVIEチャンネル」より

映画『女子高生に殺されたい』の追加キャストとして、女優・大島優子の出演が発表された。

『女子高生に殺されたい』は、古屋兎丸による人気コミックが原作。女子高生に殺されたいがために高校教師になった男・東山春人(田中圭)の、前代未聞の「自分」殺害計画を描く。大島優子は、春人の過去を知る元恋人で臨床心理士の深川五月を演じる。

スポンサーリンク

4月が待ち遠しい!大島優子の出演発表に「公開楽しみ」の声

大島優子の出演発表に対し、ネット上では、
「出演おめでとう~ 観に行きますよ 公開楽しみ!」
「4月が待ち遠しいです。その時は世の中が落ち着いています様に」
「2週連続公開 凄い!めちゃくちゃ楽しみです」
「春に優子さん出演する映画作品が2本もあるなんて、嬉しい春になりそうだな~」
「『青天を衝け』では古風な女性を見事に演じられたから、今回はどんな人物に変身するか楽しみです」
「原作も読みましたが、特報の妖しさと凄まじい色気が凄くて。どう演じるのかどう撮ってくれているのか、期待しすぎて4月が待ちきれないです」
「原作ファンです。意外に大島優子がいい感じですが主役は絶対に違う。軽い。もっと狂気をはらんでる演技、風貌の人であってほしかったです」
といったコメントが寄せられた。

タイトルとURLをコピーしました