「矜持を正します」工藤静香が色鮮やかなギフトを公開「ステキ」「感動しました」「美人すぎる」「ちょっと何言ってるのかよく分かんない」

スポンサーリンク
画像は工藤静香のインスタグラムアカウント「@kudo_shizuka」より

歌手の工藤静香が3月14日までに、自身のインスタグラムを更新。色鮮やかなギフトをもらったことを報告した。

工藤は

「ギフトを頂きました。心の奥に届いた素敵な歌と干菓子です。

改めて背筋が伸びる思いです。
生きているうちに、この歌の人にほんの少しでも近づける様に、これからも大切に心を込めて歌わせて頂きたいと思います。

今年はソロデビュー35周年
矜持を正します。」

とつづり、ファッション誌「GQ JAPAN」からの美しい干菓子と、歌詞に添えられていた和歌の写真を投稿した。

スポンサーリンク

「素敵なギフトだね」「しーちゃんにぴったり」コメントが殺到

今回の投稿に、ネット上には

「しーちゃん 素敵なギフトだね」

「しーちゃんに、ぴったり」

「素敵なギフトですね これからもずっと応援します」

「静香さま美人すぎるでしょ!!!静香さまは、24歳に見えて超美人な上にファッションセンスも完璧で、おまけに歌姫でもあるって本当に凄すぎですよ」

「矜持を正す???」

「矜恃を正すは間違いです。襟を正すでしょ。背筋が伸びるとかも間違いなのに。無理して使うと恥ずかしい思いをするけど、気にしないんだろうな」

「それ言うなら襟を正すだよね。矜持ってプライドのことだから。無理して知らない言葉使うと大恥かきますよ」

「ちょっと何言ってるのかよく分からないです」

「えらくしおらしくなって、どうしました。お上品になりたければ、料理の盛り付け、ヘアスタイルにファッションなど気遣い下さいねー」

「正しい日本語を使ってください。意味がわからないなら調べてから使った方が良いです。恥をかくだけです」

「あまり身の丈に合わない言葉は使わない方が」

「襟を正す、の間違いでは?」

「正しい日本語を使ってください。意味がわからないなら調べてから使った方が良いです。恥をかくだけです」

「『プレゼントをもらった』ではなく、『プレゼントを頂いた』ではないでしょうか?」

「普段から使いなれない言葉を使うと、こういうとこで恥をかきますね。知ったかして背伸びしなきゃいいのに」

「次から次へとブランド品で着飾ってドヤ顔してるわりに、正しい日本語は使えない。はずかしいww」

「あららららっ。ちょっと難しい言葉使って気取ってみたね?普通に「襟を正す」のほうが良かったかもねぇ。さすがは期待を裏切らないしーちゃんらしいね!」

「頭悪いんだから見栄はって知らない言葉使わなきゃいいのに。いつも文章おかしい」

などのコメントが寄せられている。

タイトルとURLをコピーしました